ニュース(2010年)

ニュース(2010年)について

神奈川工業会(県立神奈川工業高校同窓)の2010年(平成22年)のニュースです。

前のページに戻る

総会 神工100年3万余名 この工業に優るあらめや

神奈川工業会総会は6月27日母校5階視聴覚教室でひらかれ、校長から副校長、総括事務長の紹介とご挨拶をいただき議事が進められた。

会計面では決算額が予算の102万円減(△24%)となったが会費(入会金・年会費・永久会費)が激減している(別表あり)。新設した活動支援金により越年したが、財産としては約70万円の持ち出しとなり繰越金が108万円である。

本年度予算も同様で一般会計はあと一ヵ年の額となるが、100周年積立金は757万円の予算である。

役員改選については現行メンバーの留任と三名の理事補充が承認された。会期の一部変更として終身会員の名称を「永久会員」と変更し、経費に活動支援金を追加する事が決定した。

会員名簿についても来年6月頃には6年振りに発行できるよう進め、全国産業フェア神奈川大会のパンフレットに「神奈川工業会・同総会」の広告掲載(20万円)など報告された。事務局のインターネット開設は若い方たちへも同総会の活動がオープンされて、幅広い利用が期待されよう。

今後の活動方針としては入会金・永久会費から、年会費・活動支援金へと方向転換せざるを得ない。従来の生徒及び保護者への呼びかけも現実的には効果がないため、現在の永久会員2000名が核となって支援金呼びかけを続け、会報でPRすることであろう。生徒たちの入会金もさること乍ら、OB自身ももう一度、会の継続発展のため支援体制をつくり、できれば理事となり、あるいは100周年運営に参画してくださることをお願いします

会則(改訂要旨)

第6条 (一)正会員……入会金を納めた者を永久会員と称する

第24条 本会の経費は会費(入会金・年会費・永久会費)・事業収入・寄付金・活動支援金・預金利子等をもって支弁する。

機械43 新井記

100号発行によせて 同窓会長小松 茂

日頃より同窓会の活動に参加、ご協力を賜り感謝しております。同窓会は同窓生のために奉仕することが「使命」であると思います。

さて、今回は会報を発行されてから100号になり、大きな節目を迎えました。会報第一号創刊は大正14年6月1日であり、発行数を数えますと年一回位のものと思われますが、大正から昭和へと変わり、その中では戦時中から教育制度の変化など、そのまま発行できなかった時代もありました。

今回の増頁では当時の復刻版もある「特集号」となっております。完全に全号が保管されなかったことは残念であります。

横書きは右側から書かれており、漢字文が多くカナ書きは少なく、昭和15年頃から英語禁止時代は野球のストライクは「良し」ボールは「駄目」という、今考えると笑止千万な時もありました.。

二年後は創立100周年となり記念事業の準備計画もすすめております。先日の校長先生との協議では2011年(平成23年)11月11日(金)を式日と決め、学校側担当委員会を近日開催し、つづいてPTAとの協議をすすめることが話されました。

昨年来前校長より教職員は異動が多く実行委員長は同窓会長にお願いするとの任命もあり、微力ながら皆様方のお力添えを頂戴し頑張って参ります。

100号発刊によせて百周年についての心構えを考えますと「今ここに居る(我)を振り返れば暖かい人間関係を養うことで世の中に少しでも貢献する」という禅の言葉があります。

これからどんな素晴らしい毎日が訪れるだろうと明るい行く先を描きたいものです。そして100周年行事を成功させ後世に語り伝えられるように念願しております。

式典は平成23年11月11日

第1回実行委員会

創立100周年記念事業準備委員会三者会議は去る11月11日、母校機械科教室にてひらかれ、学校・PTA・同窓会の役員約30名が集合した。

田中副校長の司会で伊藤校長、小松同窓会長のあいさつと一同の紹介ののち会議をすすめ、同窓会のスケジュール案により大綱を話し合いました。

役務の確認・会場の設定・式日など話し合い校長から平成二23年11月11日(金)に式典を挙げたいとの提言があった。会場も二千名程度は確保できる所で交渉をすす進める予定も話された。

第2回実行委員会

12月22日、第2回実行委員会がひらかれ次の事が確認された。正式名称として「創立100周年記念事業実行委員会」とし、役務は次のように決めた。

会長 伊藤学校長

実行委員長小松同窓会長

副実行委員長9名

学 校 副校長・教頭3名

事務長 1名

PTA会長(全定) 2名

同窓会 副会長 3名

顧問及び発起人会のメンバーの選定は学校側・PTA・同窓会それぞれの推薦者により構成する。

式典は平成23年11月11日(会場は未定・交渉中)

祝賀会は同窓会が主催で式典終了後に行う。(会場及び参加費は後日)

記念事業の実施内容は記念式典・記念誌発行・記念品作成・記念碑設置・記念樹・寄贈品・祝賀会等とし、作業部会をつくり三部門から人員を選出して運営していく(以下は次号)

第93回 定期総会・春の懇親会へのご案内

平成22年度(第93回)県立神奈川工業高等学校(旧県立工業学校)同窓会神奈川工業会の定期総会および春の懇親会を下記の通り開催します。

< 記 >

総会開催日時 : 

平成22年6月12日(土)

午後2時00分より約2時間

場所 : 

県立工業高等学校 校舎内

5階「視聴覚教室」

懇親会開催日時 : 

総会当日

午後4時00分より約2時間

場所 :

中国料理「山海楼」3階宴会場

会費 :

5,000円

< 総会の主な議題 >

1 平成21年度(前期)事業報告と決算報告と承認

2 平成22年度(今期は改選年)役員改選伴う、役員の変更と承認

3 平成22年度(今期)事業計画と予算書の承認

4 会則の改定(特にありませんが出席者側から何か)

5 昨年度卒業生入会状況と入会金納入問題の進捗状況

6 学校創立400周年記念事業の作業進捗状況と寄金の状況報告

7 第4回「青春かながわ校歌祭」の参加と演目、出演依頼

8 会員名簿の発行について(H22年6月発行予定)

9 その他

以上

平成22年度 全国高等学校野球選手権神奈川大会

2回戦戦は14日(水)、平塚球場、14時30分開始の第2試合で、桐蔭学園との対戦でしたが、残念ながら6回コールド負けでした。

桐蔭学園 10―0 神奈川工

2010年7月14日 平塚球場

平塚

神奈川工

 

 

 

桐蔭学園

2x

 

 

 

10x

6回コールド

【投手】

神奈川工:門間−日比

桐蔭学園:石垣−藤岡−渋谷

asashi.com 試合結果はこちら

母校野球部は、開会式翌日の7月12日(月)、14時30分開始の第2試合、川崎商業高校と対戦し、延長10回、7対3で勝利しました。

神奈川工 7―3 川崎商

2010年7月12日 横浜スタジアム

横浜スタジアム

10

神奈川工

川崎商

【投手】

神奈川工:塚本→比嘉→小浜→榎本

川崎商:知念→鈴木

asashi.com 試合結果はこちら

Amebaブログ〜7・12横浜スタジアム観戦記〜

組み合わせ

神奈川 高等学校野球ステーション

第5回青春かながわ校歌祭 ご出演のお願い

■9月25日(土)午後、神奈川県立青少年センター・大ホールで、恒例となった「青春かながわ校歌祭」が開催されます。

開催日時

平成22年9月25日(土) 一部 午後12時開場・12時30分開演

場所

神奈川県立青少年センター・大ホール アクセスはこちら

横浜市西区紅葉ヶ丘9-1

JR根岸線、横浜市営地下鉄線で「桜木町駅」下車、徒歩10分

京浜急行線で「日ノ出町駅」下車、徒歩10分

みなとみらい線で「みなとみらい駅」下車、徒歩15分

受付

午後1時30分頃からホワイエにて

出演時間

第2部の5番目 午後3時30分頃 (集合は3時)

演目

校歌歌い出し:駅樹声えなく郵亭ふりて………。3番まで

朧月夜 歌い出し:菜の花畠に入り日薄れ………。2番まで

約7分間の出演です

リハーサル日

平成22年9月11日(土)午後3時00分より1時間

神奈川工業高等学校5階「視聴覚室」 出場者は出来るだけ参加して下ださい。

校歌祭の後に恒例となった“秋の懇親会”を開催

開催日時

平成22年9月25日(土) 午後5時開宴・7時お開き

場所

いせやま会館レストラン

横浜市西区宮崎町26 Tel 045-262-8901

会費

8,000円(写真代込み)

第5回校歌際

■9月25日(土)午後、神奈川県立青少年センター・大ホールで、恒例となった「青春かながわ校歌祭」が開催されました。

開催日時

平成22年9月25日(土) 一部 午後12時開場・12時30分開演

場所

神奈川県立青少年センター・大ホール アクセスはこちら

横浜市西区紅葉ヶ丘9-1

JR根岸線、横浜市営地下鉄線で「桜木町駅」下車、徒歩10分

京浜急行線で「日ノ出町駅」下車、徒歩10分

みなとみらい線で「みなとみらい駅」下車、徒歩15分

受付

午後1時30分頃からホワイエにて

出演時間

第2部の5番目 午後3時30分頃(集合は3時)

演目

校歌歌い出し:駅樹声えなく郵亭ふりて………。3番まで

朧月夜 歌い出し:菜の花畠に入り日薄れ………。2番まで

約7分間の出演です

リハーサル日

平成22年9月11日(土)午後3時00分より1時間

神奈川工業高等学校5階「視聴覚室」 出場者は出来るだけ参加して下ださい。