県立神奈川工業高校 創立100周年記念誌

100年の足跡 戦時下の学園
戻る
s

青年学校廃止と二種の設置

1944(昭和19)年4月、本校に併設されていた神奈川県立工業青年学校が廃止され、神奈川県立工業学校第二種が設置された。また、第1本科と称していた機械科12学級、電気科4学級、電気通信4学級、建築科4学級は第一種と名称を変更する。これに伴い、青年学校に在籍していた生徒の多くが、二種の相当学年に編入することを認められた。二種の入学資格は高等小学校卒業、修業年限は4年で、機械科、8学級320人、電気科4学級160人、建築科4学級160人、合計16学級640人の編成であった。

記念誌トップへ

※同窓会ホームページはこちら



(c) Kanagawa Kougyoukai