県立神奈川工業高校(県立工業学校) 卒業生
戻る

平岩 共代 金属造形作家

金属造形作家の平岩共代(工芸図案53)は、金属(メタル)工芸を国際レベルのアートとすべく活動する「メタルアーティスト」。海外での評価も高く、ニューヨークやドイツの美術館で永久収蔵される作品も多い。

母に「女性も職業を持つべき」と言われ入学したが、全校で男子約900人に対し女子約60人。女子が圧倒的に少ないため、体育はサヅカーや剣道、柔道まで男女混合だった。部活動は郷土研究部に所属し、民俗調査などに夢中で取り組んだ。

卒業後、東京芸大名誉教授の山下恒雄(図案29、故人)の下で美術学部美術教育専攻研究生として学ぶ。作家間の国際交流にも積極的で、昨年、奈良市で開かれた平城遷都1300年記念展「日本・中国・韓国 現代メタルアート展」では実行委員長を務めた。

文化庁の派遣で経験したニューヨーク生活をテーマに、金属と和紙を祖み合わせた「オーガニック・ハイブリッド」シリーズなど意欲的な創作を続ける。

卒業生・トップへ

※同窓会ホームページはこちら



(c) Kanagawa Kougyoukai