神奈川工業会 ニュース
戻る

野球部 秦野に惜敗

7月15日
14日(日)、藤沢八部球場で14時5分から秦野と対戦し、2回に1点を先制しましたが、6回に同点とされ、延長11回に勝ち越され、2対1で惜敗しました。
▼【秦野−神奈川工業】

伊勢原










10

11


秦野













神工














【投手】
 瀬谷西:後藤
 神工:長井、斎藤、西村
【試合経過】
 2回裏に松野がレフト前にヒット、山口3バント、林2塁ゴロで2アウト2塁の時、長井が2塁打を放ち、1点を先制
 6回表に秦野に四球とライト前2塁打で同点とされる。
 6回裏に松野のライト前2塁打と山口の送りバントと林の四球で1アウト1、3塁としたが、長井 のスクイズ失敗で2アウト2塁、四球で2アウト1、2塁とし仁平のセンター前でホームを狙ったがタッチアウトとなった。
 7回から長井に代わり斎藤を投入したが、センター前2塁打、死球、四球で満塁となり、投手を西村に交代。2塁ゴロに仕留め、追加点を防いだ。
 延長11回表にライト前ヒットを連打された後、ボークで2、3塁。。ピッチャー前ゴロでホームでへ投球したが、タッチをかいくぐられ、1点を追加された。
ニュース・トップへ

※同窓会ホームページはこちら


(c) Kanagawa Kougyoukai