神奈川工業会

神奈川工業会について

神奈川工業会は、県立神奈川工業高校の同窓会です。

前のページに戻る

卒業生の皆様へ 同窓会への登録のお願い 申込み

同窓会より、ご卒業を心よりお祝い申し上げます。

卒業生の皆様に一人でも多く同窓会にご入会して頂くため、同窓会活動の詳しい冊子を作りましたのでご拝読頂き、同窓会ご入会事前手続きの「入会登録」をして頂くようお願い申し上げます。

将来実社会に於いてきっと、学校・恩師・同窓生に感謝しする時が来ると思います。その時のために今!入会事前手続きを行って下さい。神工同窓会での不明者にならないようにしましょう。

1.同窓会(名称:神奈川工業会)活動の目的

会則第2条に記載してありますが「会員(卒業生)相互親睦を図り併せて母校の進歩と発展に資することを目的とする」としています。

2.同窓会はどのような活動をしているのか

(1)卒業生(会員)名簿の管理および会報の発行

(卒業生名簿の発行は基本中止、会報は春、秋2回発行)

(2)会員相互の連絡、並びに共助に関すること

(消息に関する調査、クラス会、懇親会情報の発信)

(3)母校・在校生との連絡、並びに共助に関すること

(学校各種式典・催事への寄金、記念品の提供、部活での運動部・文化部への大会出場の支援)

(4)その他、本会の目的に必要なこと

(周年記念事業の支援、体育祭・文化祭参加、環境美化運動、他校同窓会行事参加等々)

3.事務局

〒221-0812 横浜市神奈川区平川町19-1県立神奈川工業高等学校内

Tel/Fax : 045-491-4293

現在は本校6階東側にあり、週1回(火)事務局を開設しています。

主な業務は会員名簿管理、会報の編集、会費の徴収、定例行事の立案、会員間の連絡調整、学校要請事項の処理等々業務を事務局長1名と局員若干名で行っています。

同窓会ホームページ

4.運営資金

同窓会の活動資金は、同窓会員よりの会費(年会費・賛助会員)、寄付金(活動支援金・記念事業寄金)・会報広告料・活動利益・預金利子と卒業生からの入会登録料で成り立っています。

*入会登録料(1,000 円)はこれまでの入会金(3,000円)制度を廃止して、24年度がら開始する新制度です。一人でも多くの卒業生が同窓会に入会して頂くための事前手続きです。

5.入会登録の特典

入会登録をして頂いた同窓生は、向こう3ケ年間「年会費」(2,000円)の払い込みを免除致します。それまで同窓会報「神工会報」を年2回お届け致します。ご自身が社会に出て収入を得られる時期になり、年会費(2,000円)をお納め頂くと「正会員」の資格を得られます。

6.その他

(1)資金の運用の収支は使途を明確にして、会計監査を年1回行い「神工会報」に掲載し開示しています。

(2)行事、会則の変更等の議事は総会及び役員会の採決により決議しています。

(3)2011年に学校創設100周年を迎えました、同窓会では学校・PTAと一致協力し記念碑除幕式・記念樹植樹式・記念式典・祝賀会を開催しました。翌年記念誌も発行し一連の行事を大成功裡に終了致しました。同窓会では寄金活動を行い、記念事業の主原資としてお役に立てることができました。

7.申込み(登録)方法

(1)卒業時に配布した、登録申込みハガキ(52円切手を貼ってください)。

(2)ホームページの入会登録申込みに必要事項を記入して、お送りください。

平成25年2月吉日

神奈川工業会(同窓会) 会長  新井 淑雄

会長ご挨拶 新井 淑雄

百周年実行委員会解散の翌日、平成24年6月30日に第93回同窓会総会がひらかれ新会長として就任いたしました。

小松顧問・山本相談役・山下副会長と共に新体制の役員です。従来からのテーマですが“会を継続する”ことが最大の目標です。

8年先の母校百十周年と4年先に同窓会百周年がありますが、喫緊は事務局の移転(学校敷地内)と、会費会則の改定であり、これらは日常活動と共に考えて運営をすすめます。事務局も資金不足の対応として週一回の作業となり、煩雑で多忙な年となります。

個人情報の遵守は会の活動に大きな負担増ですが、こうした中でも「活路」を探し継続することが宿命と思います。

百年という大きな節目は母校愛や同窓会について、もう一度考える時でもあり、これからのご支援を賜わりますようお願いし、ご挨拶といたします。

神奈川工業高校 校歌

神奈川工業高校 校歌

(旧 神奈川県立工業学校)

作詞 浦井喜久造 作曲 岡野貞一

一、駅樹声なく   郵亭古りて

金港遠く    船寄せ来れば

文化漂う    我が日の本の

枢路にたてる  学びの園生

二、開け行く世の  幸多かれど

この工業に  勝るあらめや

ジュースの神の 秘めてし槌を

執りてかためん 御国の基

三、天与の使命   我らぞ担う

青雲高く    たなびく所

二渓の花の   かがよう見ずや

至誠溢るる   健児の意気を

神奈川工業高校 校歌由来

大正11年(1911年)、本校教諭 浦井喜久造先生(国語科)作詞また、「故郷「おぼろ月夜]など後生に残る、日本のうたを作曲した岡野貞一氏が、わが神奈川工業高等学校の校歌を作曲し校歌がうまれた。

校歌といえば二拍子の曲が多いなか、わが校歌は三拍子で、とてもめずらしく気品あふれる優雅な校歌といえる。

「駅樹声なく:…」講

(一)駅樹声なく…

1500年前の日本人が律令国家に成長した時から江戸幕府の終わるまでをこの一行で表す。

天智、天武、持続、文武天皇(671~701)の約30年の間に、近江令から大宝律令まで、つまり原始日本が律令国家として態勢が整うまでになった。それで中央から七道の大動脈路(国の生命線を通じて政府から各国府への役人の往復、命令の伝達に大量に馬が必要になりある距離毎に常時多くの乗り次ぎ用馬を常備する「駅亭」があって宿舎にもなり、また書簡物品を逓送する「郵亭」が置かれた。

近世では東海道五十三次のような宿場本陣等があり、大名の参勤交替などの宿舎人足や馬匹や物資の調達をした。

一番の第一行、第二行は国の生命線を譲った駅亭も郵亭も泰平の夢の中に古びてきたその祈りも折り、神奈川のはるか沖に黒船に目を覚まされて、にわかに西欧の文化の波に浴する日本、中でも重要なこの横浜の地に建ったわが学園。

(二)開けゆく世の…

「ジュースの神」はデウスの神、最高天地万能の神、ローマのジュピターと同じ。

(三)天与の使命…

「青雲高く」はかっては「青雲の志」を抱いて地方の青年が都に上った。将来、身を立てて青空の者の如く高く超えた大人物に成りたいと、その青雲。

「二渓の花」渓は谷、学校の辺りは東と西の二つの山にはさまれた谷になっている。この谷を「二ツ谷」と昔から言っていた。今は平川町通りの名。東西の丘も、その間の渓も桜の花でいっぱいだった。もちろん校庭も校舎工場の回りもみな花でおおわれでいた。

岡野 貞一(作曲)

明治 1年 現、鳥取市に生まれる

明治33年 年東京音楽学校(現、東京芸術大学)卒業

明治39年 同校 助教授

文部省尋常小学校唱歌の作曲委員「故郷」「おぼろ月夜」「日の丸」「もみじ」「春の小川」

大正12年 同校教授

昭和 7年 高等官四等叙正六位で退官

昭和16年 日大付属病院で逝去

享年63歳

本校二代目校長秋山岩吉先生が文部省に精通しており、岡野貞一氏に作曲を依頼したと思われる。

浦井 喜久造(作詞)

明治 9年 足柄上郡大井町に生まれる

明治41年 神奈川県師範学校(現、横洪国立大学)卒業

明治43年 横浜市立木町尋常高等小学校訓導(現在の教諭)

大正 9年 本校教諭となる(国語および漢文担当)

大正11年 校歌作詞発表

大正13年 埼玉県立久喜高等女学校へ転任

昭和 6年 現富士見丘高等学校 後に教頭となる

横浜貿易新報(現神奈川新聞)の俳壇の選者を長年務める

古事記研究家

昭和21年 現、県立足柄上病院で逝去

享年61歳

平成27年(2015年)年度 神奈川工業会 役員

役職
卒業期 氏 名 備考
会長
定機43 新井 淑雄
副会長
電通51 山下 昌幸
建築63 玉野 直美
監事
木材41 田中 克己
建築40 藤田 昌己
顧問
建築27 加山 曻市
機械30 中山 春雄
機械38 内藤昭二郎
電通38 高山 章
木材40 小松 茂
相談役
建築38 川口 政治
電通40 山本 澄雄
事務局
木材47 村松 洋雄
木材47 石坂 巌
電子57 長島 博久
理事 建築35 常盤 義和
定建36 土谷 誠司
機械41 内藤 皓靖
機械43 飯田 順郎
木材46 福島 秀明
建築47 古怒田 公
木材47 吉田 五十四
木材47 和田 清
建築48 松村 英雄
定電53 田中 修
電気70 瀬谷 武史

事務局をよろしく 事務局長  村松 洋雄

松村 英雄 石坂 巌 長島 博久
事務局長 村松 洋雄
事務局 石坂 巌
事務局 長島 博久
木材47期
木材47期
電子57期

■ 〒221-0812 横浜市神奈川区平川町19-1

県立神奈川工業高校内 同窓会(神奈川工業会)事務局

■ 電話/FAX 045-491-4293(事務局直通) 火のみ

ファクシミリは自動受信ですので、24時間ご利用いただけます

■ メール メニューの「お問い合わせ」をご利用ください

会費納入のお願い

会報「神工会報」は会費納入者のみ配布しています。

会費納入のご勧誘をお願いします。

申込み・問い合わせ先

神奈川工業会

〒221-0812 横浜市神奈川区平川町19の1 県立神奈川工業高校内

電話・FAX 045-491-4293

ホームページ http://www.kanakoh.jp

問い合わせはこちら