神奈川工業会は、県立神奈川工業高校の同窓会です 

記念誌 二渓の風に乗って

前に戻る

挨拶・祝辞

校長 伊藤 武志

はじめに、この度の東日本大震災で被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧、復興をお析り申しあげます。

伊藤 校長

神奈川県立神奈川工業高等学校は、明治44年、神奈川県立工業学校として告示され、明洽以降の殖産興業・関東大震災・戦争・戦後の高度成長明・バブル経済・少子高齢化など大きな社会変革の中で、明治・大正・昭和・平成とそれぞれの時代で工業教育の役割をI世紀にわたって果たし続け、めでたく100周年を迎えることができました。これも、創立以来3万人を超える本校卒業生の工業県を中心としたあらゆる分野でのご活躍、神奈川県行政機関とりわけ神奈川県教育委員会のご指導、地域の方々の温かいご理解、そして現役生徒・保護者・教職員の活動など大変多くの方々のご支援をいただいた賜物であり、あらためてお礼申し上げます。ここに、百年の歩みを続けた本校の足跡を記録する「神奈川県立神奈川工業高等学校創立100周年記念誌」を、本校の関係の方々にはもとより、今日まで見守り育てて下さった多くの皆様のお手元にお届けすることができました。発刊にあたっては、記念誌制作部会を中心にした記念事業実行委員会や関係者の皆様のご尽力を頂きましたことに心より感謝中し上げます。

さて、日本全国を見ても創立100年の企業や施設などはそれほど多くはありませんが、東京の日本橋が石造アーチ橋として架橋されて100年となります。この橋の素晴らしいところは、橋の中央部に日本国道路元標の文字が埋設されているように日本の道路の基点として位置づけられていることと、設計の当初から橋梁の専門家だけでなく機械・建設・電気・デザインなどの様々な分野の技術者が共同して形や構造を決めたことであり、すでにこの当時、幅広い工業技術力を意識し、技術力の集大成として架橋され、その後のモータリゼーション、都市環境問題などの社会の変化を見続け、現在に至っています。本校の歴史に重ね合わせて考えるとき、神奈川の工業教育の基点として設立され、また、いくつかの学科改変はありましたが教養豊かな技術者倫理を持った幅広い工業技術人を育ててきたことに共通します。次の100年へ向けても、これまでの伝統を大切にしつつ、さらなる工業教育の基点校として、現在のIT社会に次ぐ自然エネルギ〜社会の新たな時代を構築する心豊かな技術者教育を果たすべき学校でありたいと思います。

初代校長杉本源吾氏から数えて19代目の校長として、平成21年に神奈川工業高等学校に着任し、節目というべき平成23年に100周年記念事業にかかわりを持つことができたことは大変光栄であり、すべての関係者の皆様にお礼中し上げます。神奈川工業高等学校の益々の発展と皆様のご健康とご多幸を祈念してご挨拶とさせていただきます。