神奈川工業会は、県立神奈川工業高校の同窓会です 

記念誌 二渓の風に乗って

前に戻る

100年の足跡 5年制工業学校

実業学校令の改正と学則の改正

1920(大正9)年、実業学校令が改正される。大きな改正点は、従来の第一条の目的に「兼ネテ徳性ノ涵養ニカムヘキモノトス」と付け加えられたことである。併せて実業学校の規程も改正された。それによって今までは卒業後、同一種の専門学校に進学する資格を得ることができるだけだったのが、中学卒業と同資格で上級学校へ進学することができるようになった。(実施は大正13年から)それに伴い本校の学則も改正され、大正10年度より入学資格は尋常小学校卒業程度、修業年限5年の工業学校となった。すでに在籍している1〜3年生は3〜5年生に編入された。また、附属工業補習学校は本校から分離され県立工業補習学校と名を改める。しかし、独立校とはなったものの、1年間は夜間講座体制が続き、1年間の検討の末、翌年から初等部2学級、中等部4学級、高等部4学級からなる3部学年制が実施された。