神奈川工業会は、県立神奈川工業高校の同窓会です 

創立100周年記念誌「二渓の風に乗って」

前に戻る

目次

挨拶・祝辞

校長 伊藤 武志

実行委員長 同窓会会長 小松  茂

県知事 黒岩 祐治

県教育長 藤井 良一

全日制PTA会長 瀬谷 武史

定時制PTA会長 福井 誠治

学校編

100年の足跡

神奈川工業の今、そして新しい百年へ

思い出―100周年によせて

部活(全日制)

(定時制)

(半世紀前の「青春」)

同窓会編

開校1世紀「神工」同窓会の歩み
  第1期 旧制工業学校時代(明治44年〜)

1、同窓会設立まで

2、同窓会の発足と当初の組織

3、開校10年前後の同窓会

4、同窓会組織の充実化

5、同窓会会報の発刊

@開校20周年までの同窓の人々

A20周年記念後の同窓会

B軍国施政下の神工健児

6、同窓会活動の休止

7、同窓会の戦後復活の道 廃墟に芽吹く同窓の曙

@教育制度下の同窓会報発行の再開

A母校仮校舎復興と同窓会活動の再開

旧制 県立工業学校時代 在学中の思い出

母校の桜 加山昇市氏

私の思い出 石井 充氏

神工と交通機関 杉山哲郎氏

私の人生と神工 中山春雄氏

戦争下の思い出 遥か我が青春 川村敏夫氏

私の青春の思い出 八橋良作氏

在校中の思い出 藤木幸夫氏

学徒動員中横浜大空襲 高梨茂夫氏

横浜大空襲を学校工場で体験して 小林勝弘氏

同期会の回顧記 金子文比古・矢野誠一・相澤榮一郎氏

戦争がらみ」の思い出 藁科満治氏

第2期 新制神奈川工業高等学校時代(昭和22年〜)

8、戦後同窓会の独立活動

@同窓会報か、学校新聞か

A母校戦後復興と同窓会の動き

B戦後同窓会組織の確立と問題点

9、同窓会活動の活発化と岐路

@母校創立50周年以後の同窓会

A同窓会の発展的仕法と壁

B資金難対策に集う人々

10、同窓会館建設の希望と顛末

@時代がもたらす会員間の軋み

A会館は出来るのか、会員の共鳴は

B会館建設は夢また夢の物語

C会館建設の旗を掲げ60周年

11、伝統工業校同窓会の灯を消さず 管理社会体制下の同窓会、立て直しの第一撒

@少数精鋭主義の小型同窓会

A小さな同窓会されど灯は熱し

12、母校ある限り同窓会の光を

@夢よもう一度、母校で70周年

A明治は、遠くになりにけり

B会長の特色が反映する同窓会

C同窓会運営を遠隔操作

13、教育制度と生徒の素養が問われる中

@揺れ動く教育界のもとで

A母校創立80周年にむけて

B同窓会存亡の岐路

C同窓会の灯は等閑なき運営にあり

D思考性多様化の中の同窓会

新制 神奈川工業高等学校時代 在学中の思い出

愛川分校の思い出 新井純夫氏

在学中の思い出 磯埼 修氏

私の人生を決めてくれた恩師 黒田和雄氏

旅行と随想 新井淑雄氏

県立神奈川工業高等学校百周年に寄せて 平岩共代氏

在学中の思い出 玉野直美氏

第3期 新校舎時代(平成7年〜)

14、母校創立100周年後の同窓会は

@小さな同窓会は会長ビジョンから

A新世紀にむけ立て直しの取り組み

B駆け巡る会長職、本会の行く先は

C母校90周年の頃の同窓会

D100周年の道程に掛かる暗雲

E100周年記念に向け期侍と打破

F「青春かながわ校歌祭」

G“資金難”に立ち向かう事務局

 基軸になる事務局

 続いている資金減の年

 名簿発行と会報の増刊

 100周年記念事業実行委員会の流れ

 3部会の活動

直近10年聞の同窓会活動

神奈川工業会 歴代会長

編集後記 同窓会史について

資料編

創立100周年記念事業の記録

あとがき 参考文献

contents