神奈川工業会は県立神奈川工業高校の同窓会です 

神工会報 第106号

前に戻る

他校訪問記 県立横須賀高校

県立平沼高校、県立湘南高校に続いて今回は県立横須賀高校を訪問した。平成20年10月に創立100周年記念式典を開催し、3万2千人の卒業生を世に送り出している伝統校である。

県下でも有数の進学校で「文武両道」をモットーに「横高から総理、ノーベル賞受賞者、五輪金メダリスト」を合い言葉に2001年に小泉純一郎氏が総理大臣に、2002年小柴昌俊氏がノーベル物理学賞・受賞を、そして1964年の東京オリンピックで柔道の猪熊功氏が金メダルを獲得しており、在校生の大きな励みになっている。

「校史資料室」は15坪ほどのこぢんまりした部屋で我が校もこの程度の広さは欲しいと痛感した。開校からの歴史、制服等の展示はどうしても他校と同じ展開になってしまうが「軍都ヨコスカ」として終戦直後には戦火に遭わず残っていた資料を自らの手で処分し、一部空白になっている部分があることを嘆いていた。昭和3年軍艦「長門」に乗って関西方面に修学旅行に行き、大砲の前で全員の記念写真を撮っていて歴史を感じた。貴重なお時間を割いてご案内くださった朋友会副会長の上田寛氏に謝意を述べ、帰路につきながら何故か資料室に飾ってあった小柴博士の色紙「やればできるよ」の言葉が心に残った。 (吉田)